繭の豊作祈願日。

養蚕が盛んに行われていた頃、
丸森町の一部集落では
旧暦の2/16(2022年新暦では3/18)を繭の豊作祈願日とし、
お蚕神さまへ、繭だんごをお供えする文化があったそうです。

集落によっては、
農家の女性がお蚕神さまのまわりで、
繭だんごや、おかずを持ち寄り、会食の場があり
それを女性たちは楽しみにしていたとか。

この素晴らしい文化を受けて
地域のお母さん達に作り方を聞いて
近年、繭だんごをつくって養蚕農家さんへ
お届けしていましたが、

今年は、先日の地震もありお忙しいなかお邪魔してはと
近所のお蚕神さま、蚕供養碑、猫神さまに
繭だんごをお供えすることに。

当時は、白いだんごお供えしたそうですが、
今日は桑くら部 @kuwakurabu の桑茶をブレンドして桑だんごに。

米粉をまぶして繭らしく。

春めいてきたと思ったら
今日はみぞれが降る肌寒い日。

濡れて、石に模様が浮きあがり、
またいつもと違う魅力と風合いのお蚕神さまたちへ。
祈りを込めて手を合わせました。

丸森町大内地区
青葉のセエノメ石碑群
佐野の山神さまより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です