・FACEBOOK・

4 days ago

しるくわ

大きな自動給桑機をお持ちの養蚕農家さんのもとへ
晩秋蚕の「上族」のお手伝い、
とまで立派なものでなく学びの時間。

「上族」は、
お蚕さまのカラダが透き通りはじめて
そろそろ糸を吐きますよー
という熟蚕(じゅくさん)の状態になったお蚕さまを
繭をつくるお部屋「蔟(まぶし)」へ移動させる工程。

給桑機から、自動条払機に
お蚕さまが乗っている桑枝を移してスイッチを入れると、
ガタガターと揺さぶられ、
お蚕さまだけが下へ振るい下ろされます。

それを2階の上族室へ運んで、回転式の蔟へ。
早速自分の部屋を見つけて、繭をつくりはじめている子。
うろうろ部屋探しに時間がかかっている子。
お蚕さまでも、それぞれ性格があるんだろうーなと
じっと見入ってしまいます。

お蚕さまが繭をつくりはじめる光景は
何度見ても神秘的。

昔、養蚕をされていたという、
地元の方もお手伝いにいらっしゃっていて
いろんなお話もお聞きできました。

1度手伝っただけというAちゃん。
もうどこで何をすべきか分かっていて、
てきぱき仕事をこなしていました。
すっかり養蚕でも頼もしい存在に。

繭をつくり終えたお蚕さまの成虫さんにも会えました。
つぶらな瞳。

#丸森 #silk #シルク #cocoon #silkwa #しるくわ #養蚕 #養蚕農家 #繭 #上族 #お蚕さま #蔟 #晩秋蚕
... See MoreSee Less

View on Facebook