つむぎ部2021.12

だるまストーブのあたたかさに包まれての
今年最後のつむぎ部。

繭、繭綿、つむぎ糸。
そのままでも愛おしいのだけれど、
このしるく素材をどのように生かせるか、
可能性を探る時間に。

木素材とコラボなモノづくりも動きはじめました。
うらにわあとりえさんと、
つむぎ部に集うのアーティストたちとともに。

ひとりじゃないって。
こんなにも心強いんだ。
ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です